認定整備済製品のMacBookPro2018がコスパ最高でおすすめ【最新モデル2019と比較・レビュー】

未分類


 こんにちは。はるろぐ管理者のはるみです。

2009年からMacBookPro15、MacBookAir11、Mac mini、iPhone3GS、初代iPad、初代iPadmini、第六世代iPad、Apple Pencilなど、10年間アップル製品に囲まれて生活してきました。Macbbokのバッテリーを自分で交換したこともあります。

初めてApple Storeで認定整備済製品のMacBookPro2018年Touch Barモデルを購入しました。

認定整備済品のMacBookProがなぜコスパ最高なのか深掘りしていきます。

整備済製品の購入・2019年モデルの購入を考えている人はぜひご覧ください。

認定整備済製品ってなに? 

アップル製品 認定整備済製品
Apple Storeのホームページより

車で言うと新古品のようなものです。

Apple Storeの店頭に並んでいるデモ機、初期不良で返品された製品をアップルが動作確認をしたうえで綺麗にクリーニングした状態で値引きして売り出しています。新型が発売されると旧モデルの在庫を新品のまま販売するケースもあります。

下記の引用文にもありますが、アップルの厳しい整備プロセスを経て販売されるので、新品と言われても見分けが付きません。

下記はアップルのホームページからの引用です。

Apple認定整備済製品とは、Appleの厳しい整備プロセスを経て販売される、新品ではないApple製品のことです。技術的な問題があって返品された一部の製品を含みますが、すべての製品に対しAppleの品質基準をクリアしていることを確認しています。

すべてのApple認定整備済製品は、以下のプロセスを経て販売されています。

  • 機能の完全なテストを実施し、テストで不具合が検出されたモジュールを交換
  • 部品の交換が必要なApple Watchデバイスは、Apple認定整備済製品には含まれません
  • 徹底したクリーニングプロセスと検査
  • 再梱包(該当するマニュアル、ケーブル、新しい箱などを含む)
  • 出荷時のOSが同梱されていますが、より最新のOSに変更されている場合があります。
  • 販売可能な整備済在庫品となる前に実施される最終品質保証検査

整備の手順は、Apple製造工程と同じ基本的なテクニカルガイドラインに従ってテストされています。

どこで購入できるの?

Apple Storeのホームページより

Apple Storeで購入できます。トップページの一番下までスクロールしてみて下さい。

上記画像の「整備済製品&旧モデル製品」から入ります。

認定整備済品のデメリット3つ

  1. 欲しい商品がいつ入ってくるか分からない
  2. カスタマイズすることができない
  3. 新品ではない

認定整備済品のメリット3つ

  1. 15%ほど安い
  2. 1年間の保証がついている
  3. AppleCareに加入することもできる

現行モデルMacBookpro2019と2018を比較、損しないのか?

結論から言ってしまうと、損しません。むしろお得です。

性能

f:id:h-hatakeyama:20190625150527p:plain
見た目

f:id:h-hatakeyama:20190625150325p:plain価格(2019年6月現在)

f:id:h-hatakeyama:20190625155450p:plain

 大きな違いは3つ

  1. CPUのクロック数
  2. インターフェイスのGen2
  3. 価格

CPUのクロック数は処理速度に関係してきます。0.1GHzの差なので4K動画や高画質な静止画の編集など高負荷を掛けないと体感できません。

インターフェースのGen2はデータの転送速度が早くなります。1GBのデータを約0.9秒で転送可能になります。

価格ですが、約37,800円の差です。クロック数とGen2を我慢すれば、AirPodsを買うことだって出来ます。

▼最新モデルのMacBook Pro 

メリットは 金額差!おおよそ18%割引で37800円も安い!

差額で買えるもの

エアポッズ
Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

 
Magic Mouse 
Apple Magic Mouse 2 - シルバー

Apple Magic Mouse 2 – シルバー

 
Final Cut Pro X

f:id:h-hatakeyama:20190621230948p:plain

人気YouTuberが利用している人気の動画編集ソフトです。 

アップルウォッチ 
Apple?Watch Series?3(GPSモデル)- 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

 
アップルケア

f:id:h-hatakeyama:20190621231847p:plain

 AppleCareは商品によって価格が異なります。

MacBook Proの場合は25,800円です。

僕が実際に購入したもの

タイプCのハブ

 このハブを使い、自宅では25インチのモニターに繋げてデスクトップとして利用しています。画面が大きいと画像加工や動画の変種もしやすくておすすめです。

MacBook Proケース

バックの中に入れている状態で傷がつくのが嫌なので一番最初にカートの中へ入れました。取り出しやすいし、しっかりと傷からも守ってくれます。ケースとしての役割をしっかりとはたしてくれますが、それ以上にかっこいいです。僕はキャメル色を選びました。マウスパットやマックの下に引いて利用することもできます。

 自撮り棒(YouTube撮影用)

 まとめ

 認定整備済製品のMacBookPro2018がおすすめということです。もし、2019年モデルを購入しようとしている方は認定整備済製品のMacBookPro2018と差額で他のアイテムを買ったほうが良いと思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。次回はApple商品を安く買う方法を記事にしようと思います。