経営者や社長と食事する前に準備しておく会話のネタ【1歩踏み込んだ関係を築く】

仕事 会話

会食
おはようございます。

本業である不動産の仕事で、年収1億円超の方々から、ビジネスに関する貴重なお話を聞かせてもらえています。

お話の中で「楽しそうにしている人の所に良い人が集まる」が腑に落ちたので、楽しいと感じたことを周りに発信しながら仕事をしています。すると、率先して仕事を助けてくれる方が現れました。

成功者のアドバイスは素直に聞きましょう。

ちなみに、このアドバイスをしてくれた方は女医さんです。複数事業展開して、GINZ6に商品を出したりしています。驚くべきことに、自ら事業をするために動いたわけではなく、女医さんの友人知人がほとんどのお話をもってきてくれたそうです。

下記のツイートをしました。

 このツイートの一部「自信を持って発信できるパーソナル情報」を深掘りしていきます。

 

自信を持って発信できるパーソナル情報とは?

 結論から言うと、ヴィジョンをもって力を入れて取り組んでいる事です。

 ブログ、映画、読書、旅行、投資、英語、プログラミング、ボランティア、仕事等、ジャンルは問いませんが、取り組んだ先のヴィジョンが重要です。

僕の例だと、専門分野特化型のブログを作り(月10万PV)、「不動産業で独立した際に、同じ目的をもった人を集め協力する」「収入の柱を増やす」ためです。贅沢するための収入ではなく、地元の応援したい企業や学生への投資金として利用したいと考えています。

あとは、妻が喜んでくれそうなプレゼントを買って上げることです。

まだまだ、ヴィジョンとしてぼんやりし過ぎているので、もっと絵にかけるほど明確にする必要がありますが、僕は聞かれたらこのように答えます。 

年収1億円超の方が良くする質問

「はるろぐさんは、どんなことをしているの?」

年収1億円さんと、関係が築かれるとこのような質問をされることがあります。質問されるということは興味をもってくれている証なのでとても良いことです。

もらった仕事をきちんとこなして、悪くない関係は築けるけど、あと一歩踏み込んだ関係になりたいんだよな。と思っている方ってたくさんいると思います。

この、質問がきたら一歩踏み込んだ関係を築けるチャンスだと思ってください。年収1億円さんに興味を持ってもらえれば、良い人を紹介してくれたり、次の仕事を任せてくれたり、有益な情報を優先的に回してくれます。

当時、質問の意味がわからず、「収益不動産の売買仲介、テナントや住宅の賃貸仲介で売上を上げています。」と仕事の内容を伝えていました。

今となっては本当にもったいないなと思います。が、過去があり、それを改善して今があるので良しとしましょう。

まとめ

年収1億円さんは面白いことに興味があります。なので、「力を入れて取り組んでいる=面白いこと」と考えています。

僕は年収600万円前後しかありませんが、年収1億円さんのように考えています。なので、世間一般では恥ずかしいと言われる事をしていても、本人が本気でやっているなら、話を聞いてみたくなります。

取り組んでいることが将来どんな事に繋がっていくのか話せるように整理しておき、年収1億円さんからの質問に迷いなくはっきりと答えれるようにしておきましょう。